Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系で何が変化する?今後の予測と対応

Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系で何が変化する?今後の予測と対応

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


最近では副業を行い、収入源を増やす方も多くなりました。

数ある副業の中で人気が高いのが、フードデリバリーサービスの配達パートナーです。

特に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは人気で、隙間時間を活用した小遣い稼ぎ目的の方がいる一方で、専業として働いている方も多くいます。

人気の秘密は、業務委託契約のために自由に好きな時に働けることと、報酬額の高さにあります。

しかしながら、Uber Eats(ウーバーイーツ)で今年3月から京都市、福岡市で導入された新料金体系の適用が順次拡大し、ついに5月10日に全国に適用されることとなりました。

この新料金体系の導入により、配達パートナーの報酬額の減額が懸念されており、不評が続いております。

今回は、Uber Eats の新料金体系の問題を明らかにし、配達パートナーとして生き残るための対策を紹介していきます。

配達パートナーとして不安な日々を送っている方のお役に立てればと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の新料金体系を確認しよう

3月1日から京都市、福岡市で導入されたUber Eats(ウーバーイーツ)の新料金体系は、4月12日に神奈川県と那覇市で導入され順次適応地域が増え、ついに先日5月10日に全国での導入となってしまいました。

この新料金体系は発表された当初からUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーからは不評でしたが、全国に導入されることによって一体どのような影響があるのでしょうか。

まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の新料金とは、旧体型とどのように変わったのかをまとめていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系

Uber Eats(ウーバーイーツ)の新料金体系ですが、当初から配達パートナーからは実質的な報酬値下げになっていると話題になっており、専業の配達パートナーの中には生計を立てられなくなるという批判もありました。

この批判は、配達料金の計算式の中に、Uber Eats(ウーバーイーツ)運営が決めることができ、かつ細かい条件を非公開にしている「配達調整金額」の割合が高くなることが原因となっています。

まずは、新料金体系の確認を行っていきましょう。

新料金体系の計算式は

配送料(基本金額+配達調整金額) + インセンティブ - サービス手数料10%

によって報酬が計算されます。

「基本金額」は、

  • 受渡・受取料金
  • 距離報酬
  • 予定時間報酬

から構成されています。

「配達挑戦金額」は、

  • 交通状況が混雑している場合
  • 商品の受け取り時間が長い場合
  • 配達パートナーが少なく通常よりも配達の需要が高い場合

という3つの状況を踏まえて加算される金額となっています。

これらに地域や時間帯によってボーナスである「ブースト」の倍率が掛けられます。

加えて、インセンティブとしてピーク料金や配達回数に応じて支払われるクエストの金額が加えられます。

旧体系と何が変わったか?

新料金体系と旧料金体系の大きな違いは、配送料の中身。

旧料金体系における配送料は、基本報酬として地域によって幅があるものの320円から390円が報酬としてあり、これに距離料金が加算されたものでした。

対して、新料金体系では明確な計算式がわかっていないのが現状のようです。現在、分かっている事実として、旧料金体系と比べると平均として配送料が値下げとなっているのは間違いないようです。

新料金体系と旧料金体系の変更点として、地域や時間帯によって倍率をかける「ブースト」も挙げられます。

旧料金体系では、配送料に倍率を掛けておりましたが、新料金では「ブースト」の数値は配送料を構成する基本金額にしか掛けられないようになっており、実質的な配送料の値下げとなっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系の評判は?

Uber Eats 新料金体系の評判は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系は当初から批判されていたように、報酬の実質的な値下げとなっています。

当然、配達パートナーからは厳しい意見が多いのも事実です。

現在では、3月に導入された当時に比べると、旧料金体系と同じくらいの報酬額となっているようですが、今後について心配する声もたくさんあるようです。

新料金体系の今後の影響

新料金体系が導入された当時、旧料金体系と比べると明らかな報酬減となったという意見も多かったのですが、批判が多かったためか、現在では新料金体系でも旧料金体系と同じくらいの報酬となっているようです。

しかしながら、配送料の明確な計算式が発表されていないということは、運営側のさじ加減ひとつで報酬額が変わる可能性もあるということを意味しています。

今後、運営側の都合で報酬の減額が行われる可能性は否定できません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系の今後の対策

Uber Eats(ウーバーイーツ)新料金体系の導入によって、報酬額の基準が不透明となってしまった結果、配達パートナーの報酬が不安定になったのは間違いありません。

配達パートナーは業務委託として契約をしているため、収入の保証はなく、ただ運営側の設定した料金体系に従っているだけでは問題があった時に対応ができなくなってしまう可能性もあります。

そこで、配達パートナーとして生き残るためにどのような準備をしておくべきかまとめました。

運営側の狙いと考えられる事態

Uber Eats(ウーバーイーツ)の運営側は、3月から新料金体系を順次導入し、5月10日に全国導入となるまでに配達パートナーの批判を受け止め、改善してきたとは言えません。

多くの配達パートナーが不安を抱く、報酬の減額は現実となる可能性は高いかもしれません。

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)はデリバリー業界で最大手、圧倒的なシェアを誇っているため、新料金体系の導入はデリバリー業界全体に影響する可能性もあります。

一方で、今回のような配達パートナーにとって不利益になる制度は、他のデリバリーサービスへと配達パートナー流出の可能性もありえます。

配達パートナーが生き残るために、対策を今から進めていく必要はありそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員として生き残るために

今後もデリバリー業界は伸びていくのは間違いありませんので、配達パートナーの需要は増えていくと考えられますが、配達パートナーは業務委託として働くために、自分の身は自分で守っていかなければなりません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして行っていけるのは、新料金体系で不透明な配達料金の算出方法を明確にすることを運営側に訴えることでしょう。

その一方で、フードデリバリー業界で働いていくために、Uber Eats(ウーバーイーツ)以外のサービスにも目を向けることです。

先に述べたように、デリバリー業界が今後伸びていく可能性は非常に高く、それとともに配達員の需要は増すのは間違いありません。

フードサービスはUber Eats(ウーバーイーツ)だけではなく、例えばテレビCMも行っている出前館は報酬も高く評判が良いサービスです。

今後はUber Eats(ウーバーイーツ)の料金体系と比較検討をしながら出前館などの他社サービスの利用も検討していくことが重要になってくるでしょう。

まとめ

今回は、5月10日に全国に導入されたUber Eats(ウーバーイーツ)の新料金体系の問題点を明らかにしました。

まだ、不透明な部分が多く、地域差や時間帯によって報酬額が違っていますが、全体的に報酬が減額になっている印象は拭えません。

今後の運営側の動向を見守りつつ、出前館などの他社サービスとの報酬を比較検討し、配達員として生き残る道を視野に入れていくことをオススメします。

人気記事
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の最高月収やいくら稼げるのか?給料の仕組みなどについて解説! 【最高月収は?】ウーバーイーツはいくら稼げる?給料の仕組みについても【最高月収は?】Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくら稼げる?給料の仕組みについても 出前館の業務委託配達員の報酬単価や多く稼げる理由について解説! 【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた! Door Dash(ドアダッシュ)配達員の特徴やUber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても解説! Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?ウーバーイーツとの違いについてもDoor Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?Uber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても