Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?Uber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても

Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?ウーバーイーツとの違いについても

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
今すぐ登録!Uber Eats 配達パートナーに登録してガッツリ稼ごう!
登録必須!Uber Eats 配達パートナーに登録してガッツリ稼ごう!
最近は「出前館」や「Wolt(ウォルト)」など、様々な配達員で溢れていますが、注文数の多さなどから、やはりUber Eats(ウーバーイーツ)はよく稼げます。
配達を工夫することで、時給2,000円、月収40万円以上も狙えます。

他の配達員と掛け持ちで、月に160万円を稼ぐ凄腕配達員もいるほど!


最近は配達員の掛け持ちが主流になりつつありますが、まだ配達員をやったことがないという方は、まずはUber Eats 配達パートナーがおすすめ!
まずは、Uber Eats で配達員のノウハウを掴み、続いて出前館や他の配達員も掛け持ちでやってみる、という流れがオススメです!

これから年末にかけて配達の需要が増加し、稼ぎやすくなります!

今のうちに配達員に登録し、配達に慣れておきましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの人気記事はこちら Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の給料と時給Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料・時給を公開!稼げるコツを徹底解説!
ドアダッシュ 配達員のマッハバイトアプリ経由登録で、1回配達で最大10000円もらえる。

マッハバイトアプリ最大10000円

マッハバイトアプリからドアダッシュ配達員に応募すると,、最大10000円、最低5000円もらえます!

普通に公式ページから登録すると1円ももらえないので、要注意です。

 

まずは【完全無料】マッハバイトアプリで「ドアダッシュ」と検索しましょう!(※webだと検索できません)

 

マッハバイトアプリからドアダッシュ配達員に応募。 (13時~15時 17時~19時 21時~23時はボーナス金額が10000円になることが多い。アプリの通知で分かります。)

【最大10000円をもらう手順】

②1回配達完了。

③マッハバイトの応募時のメールからキャッシュバック申請で最大10000円ゲット!

これだけなので、ドアダッシュ配達員に登録する方は忘れずにマッハバイトから登録しておきましょう!

フードデリバリーサービス、Door Dash(ドアダッシュ)が2021年春に日本に進出する事で、配達業界の中で大きな話題となっています。

とは言っても、

そもそもドアダッシュって?Uber Eats(ウーバーイーツ)と何が違うの?

どれくらい稼げるんだろう…

と、突如やってきた新サービスに謎しか感じない人も多いと思います。

そこで本記事ではDoor Dash(ドアダッシュ)の特徴や、配達員としてもどれくらい稼げるのかについてまとめていきます。

具体的には、、、

  • ドアダッシュの特徴
  • ドアダッシュが利用できるエリア
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)との違い
  • 配達員はどれくらい稼げるのか

など、注文をする側と受ける側の両方の視点で、全体的にまとめていきたいと思います。

なるべく要点だけを掻い摘んでいくので、5分程度で大体の事が把握できるでしょう。

Door Dash(ドアダッシュ)とは?

Door Dash(ドアダッシュ)とは、アメリカのサンフランシスコに本社を置く人気フードデリバリーサービス。

他のサービスと同様、アプリを通じて注文をし、「ダッシャー」と呼ばれる配達員が指定の場所へ届けるシステムです。

アメリカの人気レストラン100選の中の90%と提携をし、注文者が沢山の選択肢から商品や料理を選べる事で人気を博しています。

またレストランに限らず、ドラッグストアや衣料店などとも提携しており、フードデリバリーの垣根を超えたサービス展開も大きな特徴でしょう。

2013年7月に創立され、今ではデリバリーサービスの頂点に立っている会社です。

Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!エリアはどこ?Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!エリアはどこ?

CEOのTony Xu(トニー・シュー)氏が、2021年の春にDoor Dash(ドアダッシュ)のサービス展開するとインタビューで答えていました。

その中の一つに日本が入っているという事になります。

これから日本の経済はもちろん、個人の生活スタイルに大きな影響を与える事が予想されるでしょう。

日本では7都市で展開

気になるDoor Dash(ドアダッシュ)の利用対象エリアについては、以下の7都市となります。

  • 札幌
  • 仙台
  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 京都
  • 鹿児島

宮城県仙台市のみ、2021年6月までにDoor Dash(ドアダッシュ)が本格的に始動するとの情報があります。

九州の鹿児島県なども入っており、各エリアの選定に関しては、出前館やUber Eats(ウーバーイーツ)と似ていますね。

利用可能時間(配達員の稼働時間)

Door Dash(ドアダッシュ)の利用可能な時間帯は、まだ情報が入ってきていません!

個人的な推察とはなりますが、多くのあらゆるお店が加盟店となっているため、24時間体制となるのでは無いでしょうか?

もちろん料理や衣類、薬品などの各店によって営業時間が異なるため、商品によっては頼める時間帯が異なると思います。

ただ、あくまで個人的な見解なので、こちらに関しては情報が入り次第追記していきたいと思います。

Door Dash(ドアダッシュ)の特徴

Door Dash(ドアダッシュ)の特徴

Door Dash(ドアダッシュ)の基本的な概要を押さえたところで、実際に「どのようなサービスなのか」について触れていきましょう。

先述しましたが、Door Dash(ドアダッシュ)は料理の配達に留まらない「配達界のよろず屋」として活躍しています。

  • 加盟店が多い
  • 自社コンビニを運営
  • バーチャルレストランを運営
  • 衣類や薬品などの配達も可能

料理以外の商品に関しては、実際Amazonや楽天などのネットショップで済みます。

しかし、Door Dash(ドアダッシュ)の魅力は、数分・数時間後には家に届くというスピード感でしょう。

すぐに届くネットショップみたいな感覚です。

ここに関してはデリバリーサービス唯一の強みだと言えますね。

加盟店が多い

また、Door Dash(ドアダッシュ)では、様々な業界と提携している部分も特徴的です。

  • ホテル
  • ウォルマート(スーパー)
  • ドラッグストア
  • 衣料店

など、多くの業界と提携を結んでいるため、日用品からファッションまで、外に出なくても家に届いてしまいます。

(インドアが多くなって不健康な人が増えそうな気がしますが・・・笑)

ホテルとの提携もあり、宿泊先まで届ける事が出来るのも加点ポイントですね。

とにかく多くを巻き込んでおり、痒い所に手が届く近未来的なサービスだと言えるでしょう。

自社コンビニを運営

Door Dash(ドアダッシュ)の面白いところは、加盟店だけに頼らずに自社コンビニを立ち上げている部分です。

その名もDash Mart(ダッシュマート)

専用のアプリでダッシュマートに注文する事ができ、日用品(洗剤や調味料など)を届けてくれます。

いわば、コンビニの商品が家に届くシステムですね!

街外れに住んでいる人々にとって、わざわざ車を出してコンビニに行く必要がありません。

バーチャルレストランを運営

バーチャルレストランは別名”ゴーストレストラン”とも呼ばれ、実店舗を持たないシステムとして、専用アプリからの注文を承っています。

配送拠点にレストランを構えているので、わざわざ各所にいる配達員がピックアップしに行く手間も省けます。

人気メニューの傾向を分析し、複数のブランド料理を一つのキッチンで取り扱うため、様々な料理をすぐに手配ができてしまいます。

結果的に到着までの時間短縮となり、注文者もすぐにお腹を満たせる素晴らしいシステムだと言えるでしょう。

MEMO
これは「出前館」も最近始めており、そのインスパイア元はまさにドアダッシュなんです!

Door Dash(ドアダッシュ)とUber Eats(ウーバーイーツ)の違い

アメリカ発祥のフードデリバリーサービスと言えば、日本でお馴染みのUber Eats(ウーバーイーツ)が挙げられます。

まずこの2社の違いと言っても、Door Dash(ドアダッシュ)の運営方法が他と違いすぎるため、比較すること自体が野暮なのかも知れません。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)
  • 出前館
  • menu
  • その他

これらのフードデリバリーサービスは、基本的に注文をする側としては「料理が届けられる」という事で共通していますね。

しかし、Door Dash(ドアダッシュ)は先述したように、料理以外の注文ができたり自社のコンビニを持っていたりと、総合的な需要に応えています。

比較するポイントとしてバランスが釣り合わないため、今回は「本国のアメリカで人気なのはどちらか」に焦点を当てていきます。

本場アメリカではどっちが人気?

おそらくみなさんの想像通りだとは思いますが、Door Dash(ドアダッシュ)の方が人気です。

しかも、Uber Eats(ウーバーイーツ)よりも後にリリースしたにも関わらず、一気に追い抜いたという事実もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)だけでなく、全てのデリバリーサービスを押し退けて1位に君臨しており、日本でも一気に流行るのではないでしょうか?

安定した人気がある出前館も、Door Dash(ドアダッシュ)の日本進出は、まさに脅威だと思います。

Door Dash(ドアダッシュ)の配達員は稼げる?

Door Dash(ドアダッシュ)の配達員は稼げる?

配達員(ダッシャー)は、一体どれくらいの報酬が得られるのでしょうか?

日本でのサービスが開始された際に、配達員を検討している人は特に気になる内容かと思います!

早速ですが、働き方や報酬の仕組み、Uber Eats(ウーバーイーツ)との比較をしていきます。

働き方

Door Dash(ドアダッシュ)では、日本では珍しいのですが「予約制として配達したい枠を希望するシステム」となり、ピークタイム時のみフリー解放しています。

というのも、注文が入りやすいランチタイムに、配達員で溢れかえるのを抑える効果があるからです。

日本でおなじみの出前館やUber Eats(ウーバーイーツ)は、稼働時間は常にフリー状態ですよね!

こういった部分も他サービスとの差別化を感じますね。

基本料金(報酬の仕組み)

基本料金については、まだ日本でサービスが始まっていないため明示されていません。

なので、「どのような仕組みで報酬が発生するか」に焦点を当てます。

  • 距離(配達距離に応じた報酬が得られる)
  • 時間(受注から配達完了までの予測時間に応じて報酬が変動する)
  • 人気度(注文が他の配達員に拒否されるほど、その報酬が値上がりする)

で構成されています。

距離報酬は他のサービスと同様ですが、「時間」と「人気度」は少し異質ですよね。

「時間」に関しては、バイク配達員か自転車配達員かで報酬の調整が入るため、考慮してくれている事が分かります。

「人気度」は、他の配達員がいる位置や商品の内容によっては、受け付けられない注文があったりするんですよね。

となると、注文しても届かないという事態が起きてしまうため、空振り防止として機能しています。

インセンティブ

先ほどの基本料金に加えて、インセンティブ(プロモーション料金)制度もあります。

  • ピーク料金
  • チャレンジ料金

ピーク料金はUber Eats(ウーバーイーツ)と同様に、注文が殺到しやすいエリアが対象になり、表示された場所で配達をこなすと一定の報酬が加算されます。

チャレンジ料金は、「一定の日数以内に〇〇回」の配達をこなしたら、追加報酬が得られるものです。

こちらもUber Eats(ウーバーイーツ)の日またぎクエストと同じでしょう。

インセンティブに関しては意外とシンプルですね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)より稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とDoor Dash(ドアダッシュ)はどちらが稼ぎやすいのかと言うと、これに関しては一概には言えません。

ただ、Door Dash(ドアダッシュ)はアメリカで群を抜いた人気を誇っているため、ダッシャーは他サービスよりも稼げている可能性が高いです。

また、現在Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達パートナーが飽和状態で報酬が不安定になっているため、ダッシャーの方に期待していいのではないでしょうか。

「注文の取りやすさ」も報酬に大きく影響するため、その点からしてもDoor Dash(ドアダッシュ)に天秤を掛けられると思います。

まとめ

Door Dash(ドアダッシュ)のあらゆる情報についてまとめていきました!

日本ではまだ始まってはいないため、具体的なシステムや報酬額について明記されていません。

しかし運営方法を理解すると、かなりのポテンシャルを秘めている事が分かりますね。

というよりも、日本に存在するあらゆるフードデリバリーサービスを凌駕する未来も予想できます!

「料理専門じゃないから…」と言って、品質やサービス面において劣った傾向は見られません。

利便性を追求している事が分かりますし、配達員の受注の取り合いが起きにくくなる工夫も素晴らしいです。

とにかくDoor Dash(ドアダッシュ)に関わる全ての人に対してすごく良心的なので、潰れにくい信頼できる会社だという事が分かりました。

人気記事
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の最高月収やいくら稼げるのか?給料の仕組みなどについて解説! 【最高月収は?】ウーバーイーツはいくら稼げる?給料の仕組みについても【最高月収は?】Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくら稼げる?給料の仕組みについても 出前館の業務委託配達員の報酬単価や多く稼げる理由について解説! 【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた! Door Dash(ドアダッシュ)配達員の特徴やUber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても解説! Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?ウーバーイーツとの違いについてもDoor Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?Uber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても