【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!

【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


フードデリバリーサービス『出前館』では、業務委託として契約する人が多く、稼ぎやすい事で人気があります。

ひとくちに稼げると言っても、、、

1件配達したら何円もらえるの?
業務委託とアルバイトは何が違うの?

など、疑問に思うことが多いのではないでしょうか?

本記事ではそんな謎が多い「業務委託」について、簡潔にまとめていきます。

具体的には

  • 業務委託とバイトの違い
  • 業務委託の報酬形態
  • 業務委託が稼げる理由

これらを分かりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

出前館の業務委託とバイトの違い

出前館の業務委託とバイトの違い

出前館では「業務委託」「アルバイト」の2パターンから選んで配達員になることができます。

どちらも全く性質が異なるため、雇用形態の違いなどに触れていき、詳しく説明していきます。

雇用か個人事業主か

  • バイト:雇用契約

バイト配達員は雇用契約のため、移動手段である自転車やバイク、配達バッグなどの必要物は「会社から」無料で使わせてもらうことができます。

また、報酬形態が「時給制」なので、初心者でも安定した報酬が得られやすいという部分にメリットが感じられるでしょう。

業務委託では「早押し」システムによって受注競争が起きやすい分、バイトは必ず時給が保証されているのであまり焦る必要がありません。

ただ、慣れて配達量をこなせるようになっても、報酬が上がらない部分がネックですね。

  • 業務委託:個人事業主(フリーランス)

業務委託配達員は直接的な雇用契約を結んでいないため、諸々の必要物は各自で用意しなければなりませんが、その分自由度が高いです。

「固定報酬」として、時間に関係なく配達した分だけの報酬がもらえる仕組みなので、配達員としてのやり甲斐は業務委託の方が感じやすいでしょう。

「インセンティブ」という”ボーナスが定期的に発生するシステム”によって、報酬が倍に膨れ上がったりするので、一気に稼ぐ事も可能です。

ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーも業務委託の枠となります。

どっちが稼ぎやすい?

どちらもメリットデメリットが存在し、配達業界に詳しくない方はどちらにしようか悩むポイントなのかも知れませんね。

ここでハッキリと言えるのは「業務委託の方が稼ぎやすい」という事です。

実際に沢山稼いでいるプロたちは、業務委託の配達員として活躍しています。

出前館で月収100万円は可能?バイトと業務委託はどっちが稼げる?【月収100万円】出前館配達員で稼げる?バイトと業務委託はどっちが稼げる?

上記にて月収100万円を達成した事例を述べていますが、バイト配達員だと「時給制」のため、1日に稼げる報酬にどうしても限界があるでしょう。

ただ、業務委託は日によって安定しない場合もあるので、「沢山稼ぎたい」よりも「安定した収入を得たい」という方を求めている人はバイトが良いですね。

出前館の業務委託配達員の報酬単価は?

【出前館】業務委託配達員の報酬単価

業務委託は「固定報酬」として、1件あたりの報酬が決められています。

(ボーナスタイムやキャンペーン中は報酬が倍になったります。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)、menu(メニュー)などのデリバリーサービスは”距離も報酬対象”になるのですが、出前館は距離報酬というシステムがありません。

なので非常にシンプルで計算しやすく、考えすぎなくても良い部分が魅力の一つでしょう。

その報酬単価ですが、エリア別に異なってくるので、あなたの地域がどれに当たるのかをチェックしてみてください。

注意
出前館は全国に拠点があるわけではないので、対象外の場合が多いです!

関東は1件715円

関東は1件の配達で715円の報酬が得られます。

  • 東京
  • 千葉
  • 埼玉
  • 神奈川

これら一都三県は、地方の報酬に比べて55円高く設定されており、更に人口とお店の多さによって注文頻度も高くなります。

その分「早押し」システムによって注文が先に取られる事もしばしばあるのですが、チャンスは何度でもやってくるので、慣れれば沢山受注することができるでしょう。

特に都内のレストランが点在しているエリア「新宿」「高田馬場」を拠点にすると、常に注文がなるような状態になります。

とにかく関東エリアは単価が高くて注文も鳴りやすいので、配達員にとってはラッキーですね!

地方は660円

一都三県以外には、以下の9府県が配達エリアとして登録されています。

  • 宮城
  • 静岡
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 広島
  • 福岡
  • 鹿児島

これら「地方」の枠として1件の配達で660円の報酬が得られます。

関東に比べると55円低い事が分かりますが、お店や人口が密集している訳ではないので、多少低く設定されている事は頷けますね。

しかし逆に考えると、配達員がひしめき合うような事はないので、注文争いが起きにくいというメリットがあります。

ただ、関東と違って「拠点が沢山ある」というわけではないので、

  • 現金受け取りの際に、もらったお釣りを精算しに行くのが面倒
  • トラブル時に他のスタッフがすぐに助けにこれない
  • 自分の家からスタートしづらい

など、拠点が遠いことで生じるデメリットも考慮しなければなりません。

MEMO

沖縄エリアは550円になります。

出前館で業務委託配達員が稼げる理由

出前館で業務委託配達員が稼げる理由

上記にてエリア別の固定報酬について解説しましたが、1件の配達で660~715円の単価が発生するというのは、フードデリバリーサービスの中でも非常に安定感のあるデフォルト設定です。

中でも一番認知度が高いUber Eats(ウーバーイーツ)と比べると、なぜ安定した報酬が得られるのかが分かるので、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

出前館の業務委託はいくら稼げる?UberEats(ウーバーイーツ)配達員と比較!出前館の業務委託はいくら稼げる?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと比較!

では早速、出前館の業務委託の配達員が稼げる様々な理由について解説していきます。

1件の配達報酬が高単価

他の様々なフードデリバリーサービスは、配達料金が200~600円程度で、そこから距離報酬やインセンティブによって報酬を補完して行く必要があります。

それに比べて出前館では、固定報酬が660~715円なので、報酬そのものが高単価なので土台がしっかりしています。

固定報酬が安定して高いのはかなり安心できるね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)のように沢山のクエストやブーストによって報酬が大きく変動することがないので、一見退屈な配達システムなのかもしれませんが、ギャンブル性がなくて安心できるという捉え方もできるのではないでしょうか?

ただひたすら、配達をどれだけ早くこなせるかに意識を集中できるので、雑念が湧きにくいです。

インセンティブボーナスが太っ腹

出前館のインセンティブとして、定期的にボーナスタイムが発生します。

660~715円の配達料に1.2倍や1.5倍など、倍に膨れ上がることで1件の配達で1,000円超えも実現できます。

ボーナスが発生する前に、配達員のLINEグループなどで通知が来るため、タイミングを逃すこともほとんどありません。

だいたいは単発で「〇〇月〇〇日に1,3倍になります」などという通知が来るのですが、稀に半月以上も続いたりすることもあるので、非常に魅力的ではないでしょうか?

効率よく稼ぐ人は、このインセンティブの発生時に特に多くの配達をこなしています。

配達エリアが限定されている

出前間の配達エリアは3km圏内なので、基本的に10分以内に配達先に到着することができます。

このシステムの凄いところは、短距離ですぐに終わる配達でも報酬は変わらないという部分でしょう。

という事は、配達の数をたくさんこなすことができるね!1時間で5件配達できたとしたら時給1万円超え!?

自分が指定した配達エリア内のみ通知が鳴るシステムなので、遠くからの配達依頼が入ることはありません。

稀に「バイトスタッフ用」のバイク配達での注文が紛れ込むことがありますが、それ以外は基本的に自分が10分以内に配達できる距離です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は移動距離も報酬に含まれるシステムなのですが、いかんせん配達エリアが広いため、1件の配達に時間がかかってしまう事も珍しくありません。

配達員が増えすぎる前に募集を止めている

出前間の配達員募集は、各エリアにて一定数の人数が集まったら募集を止める方針で運営しています。

つまり「配達員の飽和を防いでいる」という事になるので、稼働する際に「ライバルが多すぎて注文が取れない」といった事態を防ぐ効果に繋がります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2020年の前半には凄まじい勢いだったものの、その後は配達員の急増によって報酬面の衰退が目立ちました。

その結果インセンティブが発生しにくくなったり、一部地域にて報酬が下落している現状もあります。

出前館はこのような事態を防ぐために、配達員の増員バランスを調整しています。

既存の配達員にとっては非常に安心できるシステムだと言えるでしょう。

まとめ

出前館の「業務委託」の報酬単価と、稼げる理由について解説していきました。

まとめとして列挙すると、

  • 業務委託は固定報酬として、1件の配達で660~715円の報酬が必ず得られる
  • 定期的なインセンティブ(固定報酬の1,2倍~1,5倍)で、更に稼げる
  • 稼げる理由は「高単価」「配達距離が短い」「ボーナスの倍率が高い」「配達員の飽和防止」

これらの好条件により、バイク配達をしなくても十分に稼げることができます。

同じエリアを長い間担当していると、お店の傾向(待ち時間など)や地理を覚えることができ、一気に3~5件の注文を受けることもできるようになります。

一部には1時間で7件の配達に成功したプロも存在するんだとか。

とにかく、経験を重ねるほど効率的に稼げるようになる部分が、業務委託の醍醐味だと言えるでしょう。

人気記事
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の最高月収やいくら稼げるのか?給料の仕組みなどについて解説! 【最高月収は?】ウーバーイーツはいくら稼げる?給料の仕組みについても【最高月収は?】Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくら稼げる?給料の仕組みについても 出前館の業務委託配達員の報酬単価や多く稼げる理由について解説! 【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた! Door Dash(ドアダッシュ)配達員の特徴やUber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても解説! Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?ウーバーイーツとの違いについてもDoor Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?Uber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても