Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝稼げる!?早朝は鳴らない!?何時から稼働できるのか?解説します

Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝稼げる!?早朝は鳴らない!?何時から稼働できるのか?解説します

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている「いつ稼働するのがいいのか」と思ったことはありませんか?

昼ごはん時や夜ごはん時、いわゆるピーク時に注文が増えるのは、分かり易いですが、どちらにも含まれない「朝の時間帯」はどうでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬型なので、長く働き、件数をこなすことも大切です。

今回は、

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)は、何時から働くことができるのか?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で朝(午前中)に稼働しても稼げるのか?
  • 「早朝はアプリが鳴らない」って聞くけど、実際どうなのか?

さらに、「朝の配達で稼ぐコツ」についても、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)朝は何時から働くことができるのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、何時から働くことができるのか?

では、まず最初に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は、一体朝何時から働くことができるのかを確認しておきましょう。

地域によって多少前後するところもあるのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のベースとなる稼働時間は、「朝9時~深夜24時まで」です。

ただ、都心部を中心とする一部エリア(都道府県単位ではなく、市町村単位で異なる)では

  • 7:00~25:00
  • 8:00~25:00

のところもあります。

まずは、自分の配達エリアの営業時間が何時から何時までなのかチェックしておきましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝から稼げるのか?朝一から稼働すると得られるメリットとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、朝から稼げるのか?朝一から稼働すると得られるメリットとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、朝から稼働しても、稼ぐことはできます!

朝の配達報酬は、どちらかといえばインセンティブが発生しにくい傾向にあり、1件当たりの単価が安くなりがちなので、あくまでも「朝=稼ぎやすい」という訳ではありません。

それでも、お昼時や夕食時のピーク時と比較すると、配達報酬単価も、注文件数も少なくなってしまいがちな朝の配達が、なぜ「稼げる」と言えるのか、ココではその理由と得られるメリットをお伝えします。

【アプリが鳴らないは嘘?!】ライバルが少ないので、注文が受けやすい

朝の配達が稼げると言える一番大きな理由は、「稼働している配達員が少なく、注文を受注しやすいから」す。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにシフトはなく、好きな時に働くことができます。ということは、朝が苦手な人、夜型の人は、朝一は稼働せず、お昼のピーク時、または夕方のピーク時から動き出し始める方が多い傾向にあります。

さらに、副業としてやっている方は当然ながら朝から本業の会社に出勤する必要があるので、あまり時間の限られる朝に稼働する人も少ないのが現状です。

このように、早朝は1日のなかで最も稼働する配達パートナーの数が少ない時間帯となっているのです。

このことから、たとえ注文件数のボリュームがピーク時よりも少なかったとしてもそれを取り合う配達パートナーの数も少なくなるので、比較的注文リクエストを受けることができる、というわけです。

「朝は(アプリが)鳴らない!」というわけではありません!

MEMO
新型コロナの影響もあり、ここ1、2年でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの数は、急激に増加しました。

利用者が増えているというポジティブな面もありますが、エリアによっては配達パートナーの数が飽和し始めているところも出てきています。

今後は益々、「ライバルが少ない時間帯・エリアで稼働できるか」が重要になってきます!

早朝は交通量が少なく移動しやすい

配達員が限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮(=報酬を最大化させる)するためには「いかに無駄な時間を省けるか」が重要になってきます。

短縮したい時間はいろんな場面でありますが、「移動時間」もできるだけ短くしたい時間の一つです。

道に迷わず最短距離で移動することはもちろんですが、道中妨げられることなく移動できるか?も重要です。

ピーク時にネックになるが、「歩行者の多さ」「交通量の多さ」です。

自転車でも原付バイクでも、「スムーズに移動できる」のと「人混みをよけながら、渋滞に巻き込まれながら移動する」のとでは最終的な配達件数に大きな影響がでてきます。

朝の時間帯は出勤している人はもちろんいますが、レストランの周辺の混雑はほとんどありません。

早朝の人や交通量の少ないタイミングで、効率よく稼いでいきましょう!

早朝から稼働すれば、目標金額を早く達成することができる!

Uber Eats(ウーバーイーツ)では「目標を設定する」ことも大切です。

シフトいらずで、好きな時間に働けるとはいえ、目標なく、気の向いたときには稼働しているだけでは、間違いなく非効率です。

目標を自分で設定し、時間にメリハリをつけて、いい意味で自分にプレッシャーをかける方が、絶対にたくさん稼ぐことができます。

そこで、一日の目標を設定したとき、早朝から稼働すれば早い段階でその日の目標を達成し、達成後の夕方から夜にかけては自由な時間を過ごすことができます。

昼過ぎに起きてから働きだして、なかなかその日の目標金額にいかないからといってズルズルと深夜近くまで働き続けていると、体力的にも精神的にもよくありません。

【朝一稼働でも稼げる!】Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝から稼ぐコツ

【朝一稼働でも稼げる!】Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝から稼ぐコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)でもっとも注文が多いピーク時間は最初にも言いましたが、残念ながら朝ではありません。

一般的にはランチタイム(11:00~14:00)とディナータイム(18:00~21:00)と言われています。

注文数がそこまで多くない早朝から稼ぐためには『どこで稼働するか?』もとても大切です。

結論をいうと、「朝から営業しているお店が多いエリア」が一番稼げます!早朝から営業しているお店はそこまで多くありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝から稼ぐコツは、「朝から空いているお店」「朝から注文の多いお店」を把握し、その近くで待機することがポイントです!

早朝から空いているお店・朝から注文の多いお店を調べる方法

朝から空いているお店・朝から注文の多いお店を調べるには「Uber Eats加盟店マップ」というサイトが便利です。

地図上からUber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店が検索できるようになっているサイトなのですが、絞り込み機能を使えば朝から営業しているお店が一発で分かるようになっています。

画面右上の時計マークのアイコンを押すと「時間帯検索」ができ、お店ごとの注文受付時間ごとに検索することができます!

【脱 鳴らない!】早朝から営業している人気店の一例

<朝から注文が入りやすいお店>

  • カフェ:スターバックス、モリバコーヒーなど
  • ハンバーガー屋さん:マクドナルド、ロッテリア、バーガーキングなど
  • 牛丼屋:吉野家など
  • コンビニ:ローソンなど

アプリが鳴らないなら、朝注文が入る確率が高いエリアに移動すればいい!

もし、普段稼働しているエリアが、早朝から営業しているお店が少ないエリアなら、先ほどのマップでお店が集中している近くのエリアを検索して、朝だけ普段と違うエリアで配達するのもアリです!

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、登録時に拠点を登録しますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアであれば、県をまたいだ移動先で配達しても問題ありません!

地域によっては、「朝食を食べる人が多いエリア」「夜の需要が圧倒的に多い繁華街エリア」「朝から空いているお店がほとんどないエリア」など、地域によって様々な特徴があるので、色々調べてみてください。

設定したエリア以外で配達することは問題ありませんが、エリア外の配達はインセンティブが適用されないので覚えておきましょう!

まとめ:Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝稼げる!?早朝は鳴らない!?何時から稼働できるのか?解説します

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、早朝からでも稼ぐことは可能です。

決して、「注文が入らなくて、まったくアプリの通知が鳴らない」ということは基本的にありません。

ただ、地域によって、その稼ぎやすさには差があること(お店の数や地域性)は覚えておいてください。

朝しか稼働しない!という方は、あまりいないと思いますので、ピーク時の稼働とうまく組み合わせて配達していくことがおすすめです♪

人気記事
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の最高月収やいくら稼げるのか?給料の仕組みなどについて解説! 【最高月収は?】ウーバーイーツはいくら稼げる?給料の仕組みについても【最高月収は?】Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくら稼げる?給料の仕組みについても 出前館の業務委託配達員の報酬単価や多く稼げる理由について解説! 【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた! Door Dash(ドアダッシュ)配達員の特徴やUber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても解説! Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?ウーバーイーツとの違いについてもDoor Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?Uber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても