出前館の業務委託配達員の確定申告について詳しく解説。

出前館配達員の給料日・確定申告について解説

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

最近話題の出前館配達員。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと同じように自由に好きなタイミングで仕事できることが注目されています。

この記事では、その注目を集める出前館配達員の

・確定申告って必要なの?

という大事なポイントについて解説していきます。

出前館配達員は確定申告は必要?

 

出前館配達員の確定申告は必要?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのように自由な働き方ができる「出前館配達員」は確定申告が必要です。

なぜなら、「個人事業主」として出前館に「雇われる」のではなく、「配達の仕事を依頼してもらい、報酬を受け取る」

という仕組みだからです。

出前館配達員として確定申告が必要になるのは、下記の2つのパターンに当てはまる場合です。

出前館配達員で確定申告が必要なパターン2つ

①副業の出前館の配達で1年間で20万円の所得を得た場合

②専業の出前館の配達で1年間で38万円の所得を得た場合

※「所得」は「売上」から経費を引いたものです。

似てますが、例えば配達のために購入した自転車など、費用として売上から引いたものが、「所得」になります。

①副業の出前館の配達で1年間で20万円の所得を得た場合

会社で仕事をしながら、副業で出前館の配達をし、1年間で20万円以上の「所得」になった場合、確定申告が必要です。

ここで「20万円」という基準は「雑所得」として「20万円」を超えているかどうかということです。

すなわち、出前館配達員だけでなく、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼いだ報酬や、転売などで稼いだ「所得」も全て合計して、「20万円」を超えたら確定申告が必要です。

①専業の出前館の配達で1年間で38万円の所得を得た場合

出前館やUber Eats(ウーバーイーツ)のみで生計を立てている人は、サラリーマンでないので、1年間の所得が38万円を超えたら確定申告が必要になります。

「親の扶養に入りながらUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをしている」という場合でも同様に1年間の所得が「38万円」を超えたら確定申告が必要になります。

出前館配達員は給料はどのくらい稼ぐことができる?

 

話を戻します。出前館配達員の給料(報酬)の目安についてです。

■出前館配達員の報酬の仕組み

【報酬金額に関して】(※現時点)
▼ 715円(税込)
東京、神奈川、千葉、埼玉に属する拠点

▼ 660円(税込)
上記以外の拠点

※沖縄エリアは550円

となっています。

上記の金額は1件の配達を完了させることで受け取ることができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は距離に応じて報酬が変動しますが、

出前館配達員は固定報酬制となっています。

例えば1時間に3件配達すると、東京都内では

2145円(税込)です。

時給2145円はだいぶいいですよね。

また、現在かなりキャンペーンをたくさんしていて、

基本報酬が1.2倍や1.4倍になることが多いです。(その時は出前館からメールで連絡がきます。)

■キャンペーン適用中の出前館配達員の給料例

 

1.2倍のキャンペーン中であれば、1件あたりの報酬単価が858円(税込)、

1.4倍のキャンペーン中であれば、1件あたりの報酬単価が1001円(税込)になります。

1.4倍の時に1時間3件配達したら時給3003円です。

これは出前館の給料高すぎ、いますぐやろ、ってなるわけです。

出前館配達員の給料日は月2回。

出前館配達員の給料日は1ヶ月に2回のペースであります。具体的には下記の通りです。

出前館配達員の給料日(支払日)

①毎月15日締20日支払い

②毎月末日(30日か31日)締、翌5日支払い

上記の計2回。

5日と、20日の2回に支払われます。

※20日、5日が休日や祝日の場合は、支払日が翌営業日となります。

普通のバイトに比べて、支払いのペースが早いのはありがたいですね!

出前館配達員とUber Eats(ウーバーイーツ)どっちが稼げる?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の方がボーナスとか色々有るし、距離で報酬が変わるんだから、Uber Eats(ウーバーイーツ)の方が良くない?」

こんな声が聞こえてきそうです。

ですが、個人的には今は出前館の方が稼ぎやすいと思っています。理由は以下の通り。

・エリアが決まっているので、Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べて1件あたりの配達距離が短い(1時間の配達件数が増える)

・距離が短いのに、Uber Eats(ウーバーイーツ)より1件の配達単価が高い。

・同時に4件まで案件を持って配達できるので、1時間に3件配達は簡単にできる。

・キャンペーンの1.2倍や1.4倍がかなり出ていて、今やらないのは本当にもったいない。

という感じ。

キャンペーンがいつまで続くかわからないので、興味が有る人は早めにやっておくのをおすすめします。

まとめ

出前館配達員の給料日や確定申告・またどのくらい給料を稼ぐことができるのかについて解説していきました。

給料日のペースも非常に早く、普通のバイトよりも自由に仕事のできる出前館配達員。

これからやる人はぜひ早めに、特にボーナスが多い今のうちにはじめて見ましょう。

人気記事
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の最高月収やいくら稼げるのか?給料の仕組みなどについて解説! 【最高月収は?】ウーバーイーツはいくら稼げる?給料の仕組みについても【最高月収は?】Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくら稼げる?給料の仕組みについても 出前館の業務委託配達員の報酬単価や多く稼げる理由について解説! 【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた!【出前館】業務委託配達員の報酬単価は?稼げる理由をまとめてみた! Door Dash(ドアダッシュ)配達員の特徴やUber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても解説! Door Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?ウーバーイーツとの違いについてもDoor Dash(ドアダッシュ)が日本進出!特徴は?Uber Eats(ウーバーイーツ)との違いについても