【解説】Uber Eats(ウーバイーツ)が稼げないは嘘?稼ぐコツとは?

【解説】Uber Eats(ウーバイーツ)が稼げないは嘘?稼ぐコツとは?

【2月25日まで限定】出前館配達員登録で15000円。
出前館配達員2月25日登録キャンペーン
【2月25日までに出前館配達員の「応募」だけすれば、50回配達で15,000円が必ずもらえる】

2021年2月25日までに「web説明会申し込み完了」で、
下記の公式紹介コードを入力し、30日以内50回配達で15000円の追加ボーナスが必ずもらえる特別キャンペーン中!


配達のペースは人によりますが、1日20件は配達可能なので、3日程度でクリアできる人もいます。
(※しかも現在週末、出前館は1件の配達報酬が1001円と高単価です。)

web説明会申し込みを2月25日までにしないと、キャンペーンの対象外になってしまうので今のうちにweb説明会だけ応募しておきましょう。

【紹介コード】
g5726952

【15000円の受け取り手順】
①2月25日までに出前館公式ページからweb説明会に申し込む(説明会に参加する日程は2月25日以降でもOKです。)

②web説明会の日付を選択したのち、「紹介コード」の欄に「g5726952」を入力。※紹介コード【g5726952】の入力がない場合、15000円は受け取れないので注意してください。

15000円ボーナス希望の方は、まずここまで完了させてください。


※上記リンク以外からの応募だと反映されないことがあるのでご注意ください。



web説明会登録後、「公式LINEアカウント」に登録(ID:@788lmtvf)。15000円の受け取りに使用します。

最後に、登録拠点で説明を受けた日から30日以内に50回の配達を完了で、15000円を当方からお支払いします。

※このキャンペーンは当方の独自キャンペーンです。ご質問は上記の当サイト「公式LINEアカウント」にお願いします。

 

高収入が狙えると話題の「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。

しかし、最近は配達員の数も増え、また競合が増えたこともあって、

「以前よりも稼げなくなった」

という声が上がってきています。

この記事では、

Uber Eats配達員に興味があるけど、ほんとに稼げるの?

Uber Eats配達員で稼ぐにはどうすればいいの?

という方に向けて、Uber Eats配達員で稼ぐための知識とコツを、実際にUber Eats配達員として働いている筆者の経験も含め、解説していきます。

Uber Eatsは稼げないってホント?

Uber Eatsは稼げないってホント?

結論から言えば、稼げます!

ただし、闇雲に働くようでは、思うように稼げないことがほとんどでしょう。

以前に比べて、インセンティブ(追加報酬)の金額などが減り、同じやり方では稼げないのは事実です。

しかし、配達エリアや配達する時間帯を考えることで、

1時間あたり、¥1,200 ~ ¥1,800

良い条件が重なった場合(土日祝 / 悪天候など)は、

¥1,800 ~ ¥2,500

ほど稼ぐことが可能です。

Uber Eatsで稼ぐコツとは?

Uber Eats配達員は時給換算でいうと、¥1,200 〜 ¥1,800ほど稼ぐことが可能です。

しかし、このような稼ぎを上げるには効率的な作業を行うための”ポイント”を抑えておく必要があります。

ポイントはいくつかありますが、ここでは、成果に出やすいポイントをいくつか紹介いたします。

Uber Eatsで稼ぐコツとは?

 

① 自分だけのルールを設定しておく

効率よく配達に専念するために、状況に応じたマイルールを設定しておくことをおすすめします。

マイルールの例は以下の通りです。

  • ピーク時、料理を受け取るお店での待ち時間が5分以上かかる場合は、注文をキャンセルする。
  • オフピーク時の待ち時間は、最大10分までとする。
  • ピーク時の配達依頼は、大手チェーン店の注文のみにする。

このようにルールを設定しておくことで、配達に専念しやすくなります。

配達作業時にかかる手間と負担をなるべく減らしましょう!

無駄を無くし、少しでも効率よく配達するための環境作りはとても大切です♪

② 地図で確認する時間をできるだけ少なくする

基本的に、配達中はGoogle Mapなどを使い、お店の場所や配達先を確認することになるでしょう。

しかし、確認する回数が増えるほど、タイムロスが増えるため、結果的に1回あたりの配達時間が長くなってしまいます。

ピーク時間など、配達依頼が多くなる状況ほど、このタイムロスはジワジワと効いてくるでしょう。

効率よく、素早く配達をこなすためにも、なるべく配達エリアの地形と住所は覚えるようにしましょう。

最初は大変ですが、意識しながら配達をこなすことで、次第に覚えることができます。

ただし、あまり無理をする(分からないのに地図を見ない)とかえって配達に時間がかかってしまい、クレームにもつながってしまいますので、少しずつできる範囲で進めていきましょう。

ベテラン配達員の中には、住所が表示された瞬間に、配達先までのルートが浮かぶまで地図を読み込んでいる方もいるそうですよ♪

③ 抜け道をできるだけ覚える

配達時に一番厄介なもの、それは「信号待ち」です。

大通りの信号になると、2 ~ 3分ほど待たされる信号もあると思います。

Uber Eats配達員で高額報酬を稼ぐベテラン配達員の中には、赤信号や通行止めなどの場合に止まらず進むための「抜け道」を知っている方が多くいらっしゃいます。

1件あたりの配達時間を減らし、少しでも多くの配達をこなすために、とあわせて日頃から地図を読み込む癖を身につけておくと良いでしょう。

配達は安全運転で!

Uber Eatsが稼げない理由5つ

ここでは、Uber Eats配達員をやる上で、

これをやってしまうと稼げない!

というポイントを上げていきます。

逆に言えば、これから出てくるポイントを行わないよう心がけるだけで、ある程度の稼ぎを得ることが可能になるでしょう。

「普段、配達員をしているけど全く稼げない…。」

という方の手助けになれば幸いです。

Uber Eatsが稼げない理由5つ

① 雨の日は配達しない

雨などの天気が悪い日は、稼ぐチャンスになり、稼働しないのは非常に勿体無いです。

天気が悪い日は、配達員の数が減り、逆に配達依頼は増えるのでいつも以上に多くの依頼をこなすことができます。

加えて、需要が高まることでインセンティブ(追加報酬)も発生しやすくなります。

更に、ピーク料金が普段の倍近く上がるので、1件あたりの配達単価が上がり、全体の稼ぎも大きく上がるでしょう。(※配達依頼が多くなる昼・夕方の時間帯に発生するインセンティブのこと)

通常 雨の日
配達員の数 多い 少ない
配達依頼の数 普通〜少ない 多い
クエストの発生率
チップ
ピーク料金 ¥100〜¥200 ¥200〜¥400

悪天候での配達は、危険度や負担も上がるので、事前準備は念入りに行い、当日は無理のない範囲で働くようにしましょう。

② ピーク時間外で稼働する

基本的に昼・夕方〜夜以外の時間帯は、配達依頼が減り、稼ぎにくくなります。

副業で配達員をしている方は特に、このピーク時間内で働くのが上手く稼ぐポイントになるでしょう。

③ ピーク・ブースト報酬エリアの外で稼働する

ピーク・ブースト報酬エリアの内と外では、1件あたりの単価が変わってきます。

1件あたりの報酬の差は数百円ほどですが、配達件数が増えるほど差が大きくなるので、できるだけピーク・ブーストエリア内で配達するのがおすすめです。

もし、ピーク・ブーストエリアの外へ飛ばされた場合は、一旦オフラインにして、エリア内へ戻った方が良いでしょう。

また、ピーク・ブースト報酬が発生するエリアは、駅前などの繁華街がほとんどです。

住宅街や地方などで配達されている方は、稼働エリアを変えてみるのも良いでしょう。

④ ”料理を受け取るお店までの距離”が長い依頼を受ける

Uber Eatsの配達では、

”料理を受け取るお店までの距離”は加算されません。

つまり、遠く離れたお店へ向かうほど配達効率が悪くなります。

お店までにかかる時間は1~2分ほどが理想、最大でも4~5分まで,

といった形で、マイルールを決めておくと良いでしょう。

ただし、5分以上かかる距離でも、そのお店のエリアが「ピーク料金が加算されるエリア」であれば受けても良いかもしれません。

⑤ ママチャリで配達する

ママチャリは速度が遅く、疲労がたまりやすいので、配達件数が下がる要因になりやすいです。

クロスバイクやロードバイクなどの軽い自転車が、速度も出しやすく、疲労も溜まりにくいのでおすすめです。

ある程度勾配がある地域で配達されている方は、電動自転車を使えば配達がかなりラクになりますよ♪

競合が増えて稼げない!は本当か??

「昔に比べて、競合が増えたため稼ぎにくくなっている」という話を最近チラホラと聞くようになりました。

確かに、同じようなサービスが増えたことで、注文が分散し、以前のようにUber Eatsだけに注文が殺到するということは少なくなりました。

しかし、これは裏を返せば、競合が参入してくるほど、昨今のフードデリバリー業界の需要は上がっている、と見ることができます。

このことから、フードデリバリー業界の需要が大きく下がらない限り、配達員で稼げる金額もまた、今より大きく下がることはない、と考えることができるでしょう。

Uber Eatsよりおすすめの配達員はある?

Uber Eatsよりおすすめの配達員はある?

Uber Eatsは、工夫することで、より多くの稼ぎを得ることができる、ということは説明してきました。

とはいえ、配達エリアの状況や配達距離の計算など、様々な要素を常に考えて配達する必要があり、キツイと感じることもあるのではないでしょうか?

そんな方に今おすすめしたいのが、フードデリバリーサービス国内大手、「出前館」(業務委託)の配達員です。

Uber Eats配達員と大きく違う点は、1件の配達単価が固定であること。

これにインセンティブ(追加報酬)を加えることで、1件の配達で最大¥1,001を受け取ることができ、中には時給換算で¥5,000を超える配達員もいます。

参考 【解説】出前館配達員の稼ぎはどのくらい?他社配達員と比較してみよう!出前館配達員の記事はコチラ↑
出前館配達員のご登録はこちらから

>>【公式】出前館配達員(業務委託)Web説明会応募ページ

▼紹介コード(よろしければ登録時にご記入ください。)
g5726952

まとめ

以上、

  • Uber Eats配達員は本当に稼げるのか?
  • Uber Eats配達員として稼ぐにはどうすれば良いか?

という点を中心に解説してきました。

繰り返しになりますが、作業の無駄をなくし、効率的に配達を行うことで1時間あたりの配達件数が増え、結果的に稼ぎが増えることに繋がります。

まずは経験を重ね、徐々に自分なりの稼げるパターンを作り、増やしていきましょう。

【2月25日まで限定】出前館配達員登録で15000円。
出前館配達員2月25日登録キャンペーン
【2月25日までに出前館配達員の「応募」だけすれば、50回配達で15,000円が必ずもらえる】

2021年2月25日までに「web説明会申し込み完了」で、
下記の公式紹介コードを入力し、30日以内50回配達で15000円の追加ボーナスが必ずもらえる特別キャンペーン中!


配達のペースは人によりますが、1日20件は配達可能なので、3日程度でクリアできる人もいます。
(※しかも現在週末、出前館は1件の配達報酬が1001円と高単価です。)

web説明会申し込みを2月25日までにしないと、キャンペーンの対象外になってしまうので今のうちにweb説明会だけ応募しておきましょう。

【紹介コード】
g5726952

【15000円の受け取り手順】
①2月25日までに出前館公式ページからweb説明会に申し込む(説明会に参加する日程は2月25日以降でもOKです。)

②web説明会の日付を選択したのち、「紹介コード」の欄に「g5726952」を入力。※紹介コード【g5726952】の入力がない場合、15000円は受け取れないので注意してください。

15000円ボーナス希望の方は、まずここまで完了させてください。


※上記リンク以外からの応募だと反映されないことがあるのでご注意ください。



web説明会登録後、「公式LINEアカウント」に登録(ID:@788lmtvf)。15000円の受け取りに使用します。

最後に、登録拠点で説明を受けた日から30日以内に50回の配達を完了で、15000円を当方からお支払いします。

※このキャンペーンは当方の独自キャンペーンです。ご質問は上記の当サイト「公式LINEアカウント」にお願いします。