【飲食店向け】menuデリバリー&テイクアウトの手数料と導入費用・評判・口コミを解説。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトとは?

 

menu(メニュー)は2018年10月にmenu株式会社が設立され、最初はテイクアウトのサービスのみが提供されていました。

2020年4月からウーバーイーツのようにフードデリバリーサービスを開始して、現在はデリバリー事業にもかなり力を入れています。

 

■menuテイクアウトとは?

 

テイクアウトは注文者が下記のように画面から事前に商品を注文と決済(クレジットカード等)を完了した後に、注文者がお店に料理を直接取りにきます。注文者からすればデリバリーに比べて価格が高くなく、注文しやすいのが特徴です。

 

■menuデリバリーとは?

 

menuデリバリーは、注文者がスマホ上で商品を注文するだけで、家や依頼した場所まで料理を届けてもらえる、というサービスです。飲食店は第三者である配達員に料理を渡し、配達員は注文者のもとに料理を届けます。

menu(メニュー)の手数料や費用は結局いくら?いつまで安い?

初期設定費 サービス利用料 カード手数料 タブレットレンタル費用
menuテイクアウト 無料 無料 無料 無料
menuデリバリー 無料 34% 無料 無料
Uber Eats 5万円 35% 無料 1700円

menuテイクアウトは上記の比較表をみてもらえれば分かるように、ほぼ無料です。タブレットレンタル費用まで無料なのはすごいですね。

また、menuデリバリーはサービス利用料がかかりますが、これは配達員の方にお金を払う必要があるので、当然と言えます。また、サービス利用料分は価格設定で値段を上げて調整することが可能です。

初期費用とサービス利用料無料期間は2022年3月までとなっているので、早めの導入をおすすめします。

 

>>menu公式ページ

menu(メニュー)デリバリーの配達範囲(エリア)。テイクアウトは全国OK。

menuデリバリーは東京都内のみ、menuテイクアウトは全国が対象範囲となっています。

しかし現在、急拡大中のため、詳しいエリアについてはこちらからご確認ください。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトの入金日はいつ?

menuは売上が当月末締め、翌月末払いです。振込手数料の440円がかかります。

menu(メニュー)導入にかかる期間と導入方法

menuは申し込みページから申し込みをして、1週間程度で導入が完了します。

STEP.1
申し込み
申し込みページから申し込みをします。
STEP.2
商品情報の入力
店舗名、商品名、商品説明文、価格、調理時間、オプション等の情報を入力します。
STEP.3
商品撮影
販売する商品の撮影。各店舗で商品撮影を行います。
STEP.4
掲載開始
タブレットを受け取り、掲載開始。

まとめ

menuテイクアウトとmenuデリバリーの費用や手数料と導入方法についてみていきました。

2022年3月まで無料というのは結構な期間です。早めに導入するに越したことはないので、なるべく無料期間中に試してみましょう。

>>menuデリバリー&テイクアウト公式ページ